シャチハタ判子と認印

認印イメージ

実印や代表印は本当に重要な書類のみに印鑑証明とともに使われますが、逆に一番使用頻度の高いのが認印だと思います。
宅配の荷物の受け取りや回覧板への確認印など、日常のちょっとした事に使われるからです。
基本的に簡単な本人確認が出来れば良いので、役所などへ登録する必要もありません。
仕事での書類の確認等にも使われるのも認印ですから、自宅とは別に会社用専用の1本置いている人も多いと思います。

認印は既製品や大量生産品でも全く問題がありません。
なので、ほとんどの方は認印として安価な物を複数用意して使われています。
最近ではシャチハタ判子といって、インクが内蔵されているため押印する時に朱肉がいらない判子もあり、その手軽さから非常に人気がでて爆発的に売れました。
多くの企業では社内の書類にはシャチハタを使う事を受け入れていますが、中には印鑑にシャチハタ判子を使うのを嫌う企業もありますので社外用に一つはシャチハタ以外の判子を用意しておくと良いかもしれません。

街のハンコ屋や、100円ショップにずらーっと並んでいる手頃な価格の判子のほとんどはこの認印です。
本人の確認さえ取れれば良いので、もし忘れてしまった場合でも購入してその場で使用することが可能ですので、このようにいつでも店に取り置きしてある事が多いのです。
ただし、珍しい名前の方は置いてある事が少ないので、常に1本持ち歩いていると安心かもしれませんね。

ページの先頭へ